【群馬県館林市の進学塾クエスト】小学生

体験授業受付中!!
0276-72-8846
月〜土/14:00〜 お気軽にご相談ください

小学生

 チビッコクエスト(チビQ)クラス 対象学年:小学1~4年生

『雀百まで踊り忘れず』 学習の基本を学び、クセをつけることが目標です!

これから大学卒業までの間、その後も生涯「学ぶ」ということが必要となってきます。 この学年のみなさんたちには、まず「勉強は、するのが当たり前!」という意識を持ってもらえることと、学習を習慣づけることを指導の根底においています。 もちろんこの時期は「自分のことはまず自分でやる」、「イイタイコトはきちんと最後まで言う」など、学習以外にも集団生活の中で必要なことをくり返し指導していきます。 多少の間、 自由を制限されるのですから、子どもたちにとってはイヤな気分になることも時にはあるかもしれません。 でも、この時期に学習の「生活化」ができれば、将来の大きな財産になります。
特に、学習内容が一気に難しくなる小4生からは、学校の授業以外に学習量を増やしていくことが大変重要であると我々は考えます。

学年小学1〜4年生
教科数国語 算数
定員12名
クラス数1
通塾日毎週 水曜日 3:00〜5:20
毎週 金曜日 3:00〜5:20
授業料受講回数によって異なりますので、おたずねください。
備考週1回(水・金いずれか)、もしくは週2回が選択できます。
★小学4年生は週2回の受講がおすすめです!

チビッコクエスト(チビQ)クラス学習の進め方

▲ このページのTOPに戻る

 ジュニアクエスト(JQ)クラス 対象学年:小学5~6年生

『どう学ぶのか』 中学で通用する「学習のしかた」を身につけます!

将来をしっかりと見据えて、小学生として今やるべきことを身につけ、中学進学後に困らない、「よりハイレベルの高校」に進学できるような学力の育成を目的とします。よって学校の補習という指導方針ではありません。
原則として学校の授業よりも先取りをして、学校の授業で内容がよくわかるように指導します。そして、学力の完全定着をはかります。
また、中学生になる上で必要な心がまえ(授業の受け方・ノートの取り方・暗記のしかた など)についても時間をかけて指導していきます。
小5・6生とも、教科を組み合わせての受講が可能ですが、6年生は3教科受講をおすすめします。

学年小学5年生
教科数国語 算数 英語
定員12名
クラス数1
通塾日英語 月曜日 5:30〜6:40
算数 水曜日 5:30〜6:20
国語 金曜日 5:30〜6:20
授業料受講回数によって異なりますので、おたずねください。
備考国語-文章読解中心。たくさん解き、「初めて読む文章」への読解力を高めます。
算数-学校の先取りをし、たくさん練習問題をして、算数の底力をつけます。
英語-クラス授業+タブレットを使った映像授業。
一人ひとりの理解度に合わせて学習していきます。
学年小学6年生
教科数国語 算数 英語
定員16名
クラス数1
通塾日英語 月曜日 5:30〜6:40
国語 水曜日 5:30〜6:20
算数 金曜日 5:30〜6:20
授業料受講回数によって異なりますので、おたずねください。
備考国語-たくさんの文章読解練習をしていきます。読解力・表現力の強化もしていきます。
算数-中学数学の下地作り。中学で役立つノートの取り方、学習のしかたも身につけます。
英語-クラス授業+タブレットを使った映像授業。
中1の教科書内容をひと通り終わらせます。

▲ このページのTOPに戻る

 講習会

通常授業では1つの学習単元を少しずつ習得していきますが、一定期間の集中学習によって、全体像がはっきりして、より高い学習効果を得ることができます。
原則として、各講習会は、習ったことがらをしっかり身につけるべく、それまでの復習を中心に進めていきます。
短期集中学習によって、苦手意識を克服したり、得意科目により磨きをかけていきましょう。
なお、学習効果を高めるため、塾生は全員必修とさせていただきます。

小1生~小4生
春期講習会の受講は選択制です。
夏期は学習の継続性を考え、全4〜5タームの中から2ターム以上を選んで学習していただきます。
冬休み中の授業はありません。いっぱい遊んでください!
小5生・小6生
春期

前学年の復習として連続4日間程度の集中授業を行います。算数・国語のみの開講で、受講は希望制です。

夏期

前期4日間・後期2日間、連続して授業を行います。
算数・国語コースは前期で1学期の復習、後期で2学期の予習を行います。
また、英語コースは1学期の内容の続きを進めていきますので、通常授業受講者は全員必修です。

冬期

前期2日・後期2日間ずつ、計4日の授業を行います。
算数・国語のみの開講で、2学期までの復習と応用問題の演習を行い、学力の定着をはかります。

※集団形式での授業となりますので、受講の基準がございます。
詳しくはおたずねください。

▲ このページのTOPに戻る